コンテンツへスキップ

避難訓練(防犯)

火災や風水害の避難訓練は、何度か経験してきましたが、いつもの違う防犯訓練を行いました。不審者侵入を想定し、実際に警察の指導の下に実施しました。

不審者侵入の合言葉を決めて、放送が入ります。入口には、先生たちが侵入を防ぐ作業をしました。

クラスのカーテンを閉め、中が見えないようにして、みんなで、お部屋の中に静かに静かに隠れて時を過ごします。

お部屋の中のトイレや、机のかげなど、みんなで別れて隠れます。

小さなももぐみ・てんしぐみは、「声を出すと見つかってしまうから、絶対におしゃべりしないで隠れましょう」とお約束はしたものの、いつもと違う雰囲気に、慌てて外に飛び出したり、怖くて泣きだしたり、必死に口を押えたり・・・。一生懸命頑張りました。

訓練終了後、実際に応答練習をしました。

「おもちゃを買ってあげるよ!おじちゃんと買い物に行こう!」

「行かない!!!」

「お父さんが交通事故にあったから、おじちゃんの車でお見舞いに行こう!」

「乗りません!!」

最後は、「いかのおすし」のお勉強。

「いか」・・・いかない

「の」・・・のらない

「お」・・・おおごえをだす

「す」・・・すぐにげる

「し」・・・しらせる

ちょっと、怖かったけど、みんな頑張りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です